tool > members

書誌調整の判断基準

迷ったら図書書誌レコード修正修正事項一覧目録システムコーディングマニュアル21.1を参照。
それでもなおかつ疑問が残る場合はtrouble-shootingdeで紹介したツールにあたる。

参加館情報ツール

目録所在情報サービス: ツールページ お役立ち情報 2 ]
ツールページを利用するには参加館情報、特にe-mail情報記述が必須
*参照: 参加組織レコードへのWebcat表示情報の入力方法
実際の記述は参加組織情報メンテナンスをWebUIP等で呼び出し記述する
ここでは記述の結果がどのように反映されるかを示す

「参加館情報記述法 」
URL : http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/tool/
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示
@「書誌調整支援ツール」の中に「参加館情報 」を記述するツールがある。まず、マークしてある部分(2箇所のうちどちらでも可)をクリック




Aログイン画面に移動。ユーザーIDとパスワード入力。
サンプルのIDは大塚靖代の物。パスワード不明の場合は大塚に問い合わせること。
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示




B参加組織検索を選び、FA020294(BL)の情報を呼び出す。
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示




CBLの簡易情報が表示される。
BLでは図書・雑誌の所蔵があるが、ILLは行っていない。
FA番号のリンクをクリックするとBLの詳細が表示される。
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示




DBLの参加館情報。注目はe-mailアドレスの記述法。
EMAIL:(担当の種類コード) :e-mailアドレス
担当の種類コード : (図書) BOOK, (雑誌) SERIAL, (ILL) ILL
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示




EJFケルン日本文化会館の場合。
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示



FJFケルン日本文化会館の参加情報。
図書・雑誌・ILLと担当者が違う場合、個別のエントリーとなる。

EMAIL:BOOK :e-mailアドレス
EMAIL:(SERIAL) :e-mailアドレス
EMAIL:(ILL) :e-mailアドレス
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示