書誌調整の判断基準

迷ったら図書書誌レコード修正修正事項一覧目録システムコーディングマニュアル21.1を参照。
それでもなおかつ疑問が残る場合はtrouble-shootingdeで紹介したツールにあたる。

書誌調整支援ツール

目録所在情報サービス: ツールページ お役立ち情報 1 ]
ここではNACSIS-CATカタローギング作業中に発見された重複書誌調整を例とした

「書誌調整支援ツール」利用法
URL : http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/tool/
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示
@マークしてある部分(2箇所のうちどちらでも可)をクリック




Aログイン画面に移動。ユーザーIDとパスワード入力。
サンプルのIDは大塚靖代の物。パスワード不明の場合は大塚に問い合わせること。
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示




BBA82190273の情報を呼び出す。
所蔵館表示、エンコーディングはUTF-8を選ぶ。
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示




CBA82190273の所蔵館情報と書誌情報が表示される。
CRTDT(レコード作製日付): 20070625(2007年6月25日)
BL日本部作成
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示




DBA7685950xの情報を呼び出す。
所蔵館表示、エンコーディングはUTF-8を選ぶ。
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示




EBA7685950xの所蔵館情報と書誌情報が表示される。
CRTDT(レコード作製日付):20060527(2006年5月27日)
JFケルン日本文化会館作成


2つの書誌の作成館・所蔵館情報を把握。
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示



F先にレコードが作成されたBA7685950xにBLは所蔵を付けるのが原則である。
BL作成のBA82190273との書誌内容の差異はJFケルンとメール協議をし、合意を得る。BLが合意を元にBA7685950xに情報の加筆を行い、所蔵を付ける。
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示



Gカタローギング作業でBA82190273から所蔵を抹消する。BA82190273は削除予定レコードとなる。所蔵レコード削除は目録システム利用4.2.5参照。
サンプルでは所蔵館が作成館の一館であったが、他の所蔵館がある場合、全ての所蔵が抹消されなければ書誌削除レコードにすることは許可されない。目録システム利用4.3.7参照。
画面をクリックすると別画面に拡大版画像表示